相棒はMT-09 ブログ mt09

ヤマハ MT-09に乗っています。バイクに関わる日常を綴っていこうと思います。

ヤマハのMT-09に乗っています。

ライディングテクは無いですが、ゆっくり安全にバイクライフを楽しんでいきたいです。

MT09 長崎平戸ツーリング その3

MT09 長崎平戸ツーリング その3



良ければポチっと押してください!
ブログを書く気力が湧きます(^_-)-☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



つづき....。


朝、バイクをそのまま置いて、徒歩で平戸の街を散策します。
ゲストハウスには駐車場はなく町の無料駐輪所(ただの広場の端っこ)にMT09を停めています。

IMG_5317
レトロな街並みですね。
建物自体は新しい感じだったので、町興しで一斉に改築したのかな。
統一感があって良い感じです。



IMG_5299
案内板に沿ってオランダ商人が住んでいた所を散策しています。

港町の良い眺め。
遠方には平戸城。後で行ってみます。



IMG_5314
まずは再現された平戸オランダ商館へ。
長崎市の出島が始まる鎖国前に東インド会社によって設けられたオランダの貿易拠点。


ほほうっ、ここで南蛮貿易が行われておったんだね〰
と思っていたら当初はポルトガル船や中国船を襲撃して奪った積荷をここで保管して、よそに送っていたとの事。海賊やんけ!

受付はオランダっぽいコスプレのおばさんでした。
ちょっと無理があるかな( ´∀` )。

IMG_5312
特に目を引いた南蛮甲冑。初めて見たけど、かっこよい!


IMG_5318
伊能忠敬の地図。
十分な測量機器が無い時代だったのですが素晴らしい精度ですね。

DSC04074
続いて松浦史料博物館
旧家を利用した博物館となっています。

IMG_5319
今まで見たことがないくらい立派な甲冑で迫力がありました。

IMG_5321
眼力のある大獅子の大屏風。


次は聖フランシスコザビエル記念聖堂に向かいます。
歩くにはちょっと距離があるのでMT09で移動します。

MAH04076(2)
聖堂近くに無料駐車場があります。
聖堂近くの道は石畳で長崎っぽいです。

MAH04076(1)
近代的な聖堂ですね。
中も見れましたが、とても立派でした。



DSC04083
聖堂を過ぎたところにある、お寺と教会が見える坂です。
なんだか宗教の共存ってのは不思議な感じですね。
聖堂から平戸城までMT09で行きます。


DSC_0123
平戸城に行く前に平戸文化センターでカップアイスを買って休憩です。
ツーリング×アイスは最高の組み合わせです(^^♪


DSC04130
平戸城の天守閣?まで登りました。
平戸大橋方面です。

DSC04109
反対方向に回ります。
こちらは先ほど散策した平戸の街並みです。


DSC_0125
城内のヒラドツツジの開花ピークが過ぎていましたが、とてもきれいでした。


さて、そろそろ時間なので帰る事とします。
また来てみたいな~。


生月島・平戸島は日帰りツーリングの方が多いみたいですが、
ぜひユックリと歴史散策してみてはどうでしょうか。




帰りは日本三大松原のひとつ唐津市の虹の松原を通ります。
三大松原は、ここと静岡市の三保の松原と敦賀市の気比の松原になります。

MAH04148(1)
こんな松林の中を走ります。
昔、松枯れの研究をしていましたので松くい虫の被害が気になりましたが、
そこまで酷くなくて良かった。しっかりと防除しているみたいです。

MAH04148(2)
からつバーガーを販売しているバスが見えてきました。


unnamed
ご当地バーガーの”からつバーガー”です。
注文すると待ってる場所まで持ってきてくれます。


DSC_0126
バンズは外がカリッと中はふわっとして、ソースは甘めで美味しい~。
ってベンチで食べていたら集団バイカーがやって来て、たばこをスパスパ吸い出したので
飲み込むように食べて退散!

その後はノンストップで北九州まで帰りました。


さて次はMT09で、どこに行こうかな。






MT09 長崎平戸ツーリング その2

MT09 長崎平戸ツーリング その2


良ければポチっと押してください!
ブログを書く気力が湧きます(^_-)-☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 

つづき・・・・
MAH04050(1)

爺さんと警察官の後ろに廻って盗み聞きします(笑)。
MAH04016(1)

どうやら爺さんが”海に人っぽいのが浮いている”と通報しての事情聴取でした。
MAH04050(2)

でも双眼鏡片手の役所の人は分かりませんね〰と言ってました。

見間違いだったらいいですね。


さて、大バエ灯台とサンセットウェイの絶景を堪能したあと、平戸島の宿に向かいます。
今日の宿は”ヒラドゲストハウスコトノハ”に泊まります。


安宿のゲストハウスです。
一泊3000円で2段ベット式、カーテンで仕切れますので半個室状態です。
古い民家をセルフリノベーションしていましたが小奇麗で快適でした。

荷物を置いて一段落したら夕飯にしよう...。
ゲストハウスのオーナーさんに天ぷらがおいしいという、おすすめの居酒屋を教えてもらいました。
お店の名前は”旬楽”。GW中との事で家族連れで満席です。
自分はカウンターへ。

若い大将さんが忙しい中、色々と話しかけてくれました。
都会で料理の修行して地元に戻って店を開いたらしい。

天ぷらや串揚げ、刺身がおいしく、お腹いっぱい飲んで食べてこのお値段!
っと思えるくらいリーズナブルでした(^_-)-☆


image
帰る途中に、誰もいない無料の足湯と腕湯がありましたので利用してみます。
無色透明でなめらかなお湯でした。
DSC_0109
(後で聞いた話、よそから温泉を持ってきて沸かしているそうです)

ゲストハウスに戻るとオーナーと旅人が2人で談話室で話していて、
オーナーさんがコーヒーでもいかが?と誘ってくれました。


旅人:北海道ツーリング最高!ジンギスカンが美味しい!
私:へ~!で、北海道とジンギスカンってどんな関係なんですかね?
旅人・オーナーさん:なぜなんだろね〰?

旅人:なぜゲストハウスをやろうと?
オーナー:楽して儲けたいから!
私:(笑)結構大変と思いますが....。

そのうちオーナーさんが最終チェックインが一段落したとの事で、
夜遊びに行くといって街に繰り出していきました。
夜釣りに行くのかな。


FullSizeRender (3)

シャワーを浴び(ゲストハウスはほとんどがシャワーです)、明日に備えて早く寝ました。


つづく.....。
 






MT09 長崎平戸ツーリング その1

ゴールデンウィークの2日間で長崎県平戸市 生月島へツーリングに行ってきました。



良ければポチっと押してください!
ブログを書く気力が湧きます(^_-)-☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


長崎県の平戸はご存知?

鎖国が始まる前に南蛮貿易で栄えた港町です。
フランシスコザビエルも入港し、その影響もあってキリシタンの町でもあります。
よって今回は歴史散策ツーリングといきましょう。


まずは北九州から唐津、伊万里を抜けて県道5号から農道へ。

MAH03969(1)
広域農道やまびこロード
車はほとんどなく快走路でAモードが炸裂です(^^♪
適度なワインディングもあり、初心者でも楽しめそうな道でした。

MAH03971(2)
やまびこロードを通過して平戸大橋で平戸島に渡ります。

MAH03971(1)
さらに平戸島を抜けて生月島へ渡ります。

MAH04055(1)
生月大橋。想像よりでっかくガッシリとした橋でした。

DSC03973
橋を渡り、道の駅 生月大橋で休憩。

その道の駅近くに生月島博物館 島の館がありましたので寄ってみます。
入館料510円。
DSC_0080
館前にクジラのオブジェがあるように捕鯨が盛んのようでした。

DSC_0082
郷土の踊りかな。

あと、隠れキリシタンの資料も展示されていました。
そこには教科書で見たことがある魔鏡も展示されており、
光を手鏡にあてると壁にキリストが浮かぶというものです。
ボンヤリ映るのかと思ってましたが、意外としっかりと映ってました。

またキリシタンの家屋の再現コーナーで流れていたお祈り(日本語オラショ)を
聞いていると具合が悪くなり外へでました。

隠れキリシタンの強い念というか、信仰の思いとか、そういうのに感化されたのかも。


島の館を後にして生月島の西側、通称サンセットウェイから廻ります。

MAH04053(4) - コピー
絶壁がすごい。

MAH04053(3) - コピー
すごいところにトンネルがありました。

DSC_0085
観光スポット 塩俵の断崖
立派な柱状節理。なんとも不思議な地形ですね。

MAH04017(3)
生月島の北端の大バエ灯台に着きました。

DSC04028
灯台から。当日は曇りで遠くまで見えませんでしたが素晴らしい眺めです。

DSC_0086
灯台の下に切れ目があったので、ちょっと下を覗いてみましょう。

DSC04043
ガクブルです。高さ100mはあるそうです。


灯台付近を散策してると5、6人ぐらい役所っぽい人が絶壁のキワで何か話しています。
image
それと夕日をバックに警察官と爺さん。
何、何っ?!!!


つづく。








MT09 テグナーサイドバッグのインプレ

MT09 サイドバッグのインプレ

良ければポチっと押してください!
ブログを書く気力が湧きます(^_-)-☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


テグナーの 防水サイドバッグ NB-92

を取り付けてツーリングに行きました。
 容量は12Lなので日帰りツーリング程度の荷物なら十分です。
今まで使っていたシートバッグは、シートの面積の半分くらい占めており、
コーナリング時のお尻の移動に邪魔で仕方なかったのですが、
このバッグは全く干渉がなく快適でした。

ただ、バッグをフックで固定するため、
フックからDカンを外す時はベルトを少し緩める必要があり、取り外しにはかなり面倒です!
バックル式ならよかったね。

DSC_0127
カウルが当たる所は厚みのあるスポンジを当てて養生します。
 
で、走って3時間、休憩して様子を見ると、

DSC_0132

 DSC_0133
タイヤに当たって破れてしまいました( ゚Д゚)


BlogPaint
このバッグは四隅を引っ張るように固定します。
確かに走る前にタイヤに当たらない様、固定していたのですが。

BlogPaint

 原因はバッグ上部Dカンをひっかけるフックのバックルの位置が荷物の重みや振動・揺れで下にずれ、
結果バッグが下がった為です。
穴が開いていたいた時は、もうバッグはプラプラ状態でした。

穴が開いた後、再度しっかり締め直したのですが、また緩みました。
やっぱりナイロン製のベルトではしっかりと固定は難しいなぁ。


と、いうわけでこのバッグは、バッグステーを別途買うか、
固定に工夫できる、DIYが得意な人じゃないと使いこなすのは難しいかな。








 
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
人気ランキング
ギャラリー
  • MT09 長崎平戸ツーリング その3
  • MT09 長崎平戸ツーリング その3
  • MT09 長崎平戸ツーリング その3
  • MT09 長崎平戸ツーリング その3
  • MT09 長崎平戸ツーリング その3
楽天市場
MT09