相棒はMT-09 ブログ mt09

ヤマハ MT-09に乗っています。バイクに関わる日常を綴っていこうと思います。

ヤマハのMT-09に乗っています。

ライディングテクは無いですが、ゆっくり安全にバイクライフを楽しんでいきたいです。

6月の社員ツー

6月の社員ツー


良ければポチっと押してください!
ブログを書く気力が湧きます(^_-)-☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


DSC_0290
週末は会社の人たちと自分を含めて4名でツーリングに行きました。
行き先は福岡県の朝倉あたりです。

8:30に小倉で集合して出発です。


DSC04252
322号線を南に下って201号線に出て”道の駅 いとだ”で休憩。

休憩の後、最初に向かうスポットは福岡県小郡市にある如意輪寺、通称かえる寺
とにかくカエルづくしのお寺なんです。
数年まえ紅葉の時期に行きましたが、真っ赤な境内はとても美しかった。
6月のかえる寺はどうでしょうか。



DSC_0291
駐車場からカエルが沢山います。
でっかい五円はご縁がありますように...との事だろうか。

DSC04265
小ぶりな山門には緑が溢れていました。

MAH04281(1)
無数にある、ガラスの風鈴。
色鮮やかな短冊には願い事が書かれていました。


DSC04294
境内も緑が綺麗。


MAH04282(1)
緑のカエルで埋め尽くされている小さなお堂。
カエルたちに囲まれて読経しているのだろうか。


MAH04303(1)
本堂は広く、でっかい水晶が置いてありました。

DSC04314
本堂横はカエルコレクションの部屋がありました。
結局、このお寺に居るカエルは5000体らしい。




続いてキリンビール福岡工場横にあるキリンビアファームで昼食です。

MAH04328(1)
右がビール工場、正面がビアファーム。
ビール工場は見学もできるようです。


DSC_0293
ジンギスカンを注文しました。
お肉が綺麗!新鮮なんでしょうね。

DSC_0296
ラム肉は硬くて癖があるイメージでしたが、
脂っこくなく、柔らかくて美味しかったです。
牛肉より美味しいかも( *´艸`)
工場直送のビールで頂きたいところです。


DSC04330
続いて”ハトマメ屋”へ。
ハトマメというお菓子が有名だそうです。

MAH04339(1)
卵ボーロぐらいの大きさですが、硬さがあり、噛むとカリッと心地よい音がします。
ほんのり甘めのお菓子。
内容は一緒ですが、おみくじ入りのレトロな紙袋入りのものは”金時豆”、
ビニールの袋に入っているのは”はとまめ”と名前が別れています。


豆と言っても小麦粉でできています。
そのメインのもの以外にもどら焼き、カステラなど色々とお菓子がありました。
一人はハトマメのキャラのTシャツを買ってました(*'▽')。


DSC_0298
続いて藤井養蜂場のアイスを食べに。はちみつ入りだそうです。
濃くて凄く滑らか!これはハマりそう。

DSC_0299
お店の横には養蜂箱が置いてあってミツバチが出入りしていました。

DSC_0300
藤井養蜂場のすぐ近くに朝倉の3連水車があります。
まだまだ現役で田んぼに水をくみ上げています。


ここで解散です。
と思ったら一台がバッテリートラブル発生。
一人が後ろを押して、何とか押し掛けでエンジンがかかりました。

MAH04343(1)
一人だと大変ですが、マスツーなら皆で力を合わせてすぐ解決ですね。
(私はカメラマンで傍観者でしたが...)

DSC_0301
解散後、一人で福岡県随一の心霊スポット犬鳴峠の近くにある犬鳴ダムへ。
このダムをさらに山奥に行くと犬鳴御別館という史跡があります。
前から気になってましたので行ってみました。
昔、福岡藩に何かあったときのための”逃げ城”だったそうで。

DSC04346
途中から道が閉鎖されてて、そこから200mほど歩きです。

MAH04357(1)
広場に石垣がありました。こんな山奥にお城があったのですね。
特にこれ以外は何もなく後にしました。


DSC_0303
帰りにいつもの岩屋海岸へ。

カワサキのZZR乗りのナイスミドルが話しかけてくれました。
傍らにコーギーちゃん。ん?どこに乗せてるんですか?

タンクバックの上だよ〰飛ばしてもシッカリ乗ってるよ!
こいつはレーサー犬だ!って。

その時、散歩中の5,6匹のビーグル犬がやってきてコーギーちゃんがビビったのか
自分の方に逃げ寄ってきたのが可愛かった( *´艸`)。

よくこの海に来ているので、また会う機会があるかもしれませんね、
とナイスミドルは言いました。

後は無事に帰宅。
DSC_0304
と、まあ梅雨の間のツーリングでしたが晴天で良かった。
また来年もよろしく~。












MT09 車検

MT09 車検の時期ですね...。



良ければポチっと押してください!
ブログを書く気力が湧きます(^_-)-☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



DSC_0269


車検案内のはがきが届きました。
MT09がやってきて3年経つんですね。
早いものです。
右に左に立ちごけし、スリップダウンで転倒1回と、
3年たってもまだ乗りこなせていませんが(´・ω・`)。



DSC_0265
早くて安いお店(マッハ車検など)もあるのですが、
時間をかけてしっかり点検整備してもらえるYSPに出向いて見積もりをお願いしました。


車検でバラすついでにタイヤ前後、チェーン、スプロケ前後、ブレーキフルード交換もお願いしました。その方が工賃がお得ですし。
それとリコールのハンドルクランプの交換も。
あと走りこんでいる途中、停車時のアイドリングの不安定さの原因調査も依頼しました。


合計約10万ぐらい。
まあ必要経費なので仕方ないですね。
だれが何と言おうとも、
バイクは自分の人生の一部なんですからっ。



















MT09 神宿る島を見てみたい その3

MT09 神宿る島を見てみたい その3

良ければポチっと押してください!
ブログを書く気力が湧きます(^_-)-☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村



つづき.....。



MAH04169(1)
何とか乗船し、出港です。
約25分の船旅。
仕事でよくフェリーを使うのですがプライベートでフェリーに乗るのは久しぶりで、
ワクワクします。

MAH04169(2)
満席のため、外で海を眺めます。
ちょうど良い気温で、心地よい風が吹いています。

奥にある島が大島。


DSC_0249
まずはフェリー乗り場から近い”宗像大社 中津宮”へ。
こちらは湍津姫神(たぎつひめのかみ/次女)が祀られています。

ちなみ沖ノ島にある沖津宮は田心姫神(たごりひめのかみ/長女)、
本土の辺津宮には市杵島姫神(いちきしまひめのかみ/末女)が祀られており、
この三宮を総称して”宗像大社”というのです。

三姉妹の女神 ( *´艸`)…
ほほぉ…。

だから世界遺産登録の”沖津宮がある沖ノ島だけよ”っという通達は、
地元民としては信仰の上でも(観光の面でも姉妹ファンの面でも)、どうも納得いかないのです。


DSC_0246
続いて”宗像大社 沖津宮遥拝所”

MAH04176(1)
沖ノ島の沖津宮に行けない人や女性の為の場所となっています。
ここから沖ノ島が眺められるそうですが、
今日は晴天にもかかわらずPMか黄砂のせいか、
遠方はモヤッてて沖ノ島を確認することができませんでした。
残念!!

続いて”風車展望所砲台跡” へ。
MAH04177(1)
コミュニティバスです。
道が狭いので手前で待機します。

MAH04177(4)

駐車場に着きました。
駐車場には日本海海戦・戦没慰霊碑がありました。

MAH04177(5)
実は沖ノ島沖で日露戦争中、バルチック艦隊を壊滅させた海戦がありました。
近代史で聞いたことがあったのですが、まさかここだったとは思ってもいませんでした。

MAH04177(2)
風車に向かって歩きます。
まさに丘っていう感じですね。


MAH04198(1)
かわいらしい風車です。

MAH04198(2)
風車の裏の景色。
写真では伝えられない海の青さです。
昔、海戦があったとは思えません。


MAH04200(1)
砲台跡に行ってみます。

MAH04200(2)
トーチカから。

MAH04200(3)
トーチカの上から。
コンクリのくぼみは砲台があった所ですね。
ここでの実戦はなかったらしいです。


さて丘を後にして次に向かいます。
MAH04202(1)
おわっ!またコミュニティバスが!
横によけます。



MAH04202(2)
最後に”大島灯台”

MAH04202(3)
小ぶりですが立派な灯台です。

MAH04202(4)
灯台裏からの眺め。
素晴らしい。晴れててよかった。


で、この時点で15時30分。次のフェリーは16時20分。
でも船員さんから「今日はいっぱいで定員になったら時間前に出港するよ!」
と言われていたので、もう乗り場に戻ることにしました。




DSC_0253
15時50分に乗り場に着きました。
帰りの切符を買って待機場で船を待ちます。

するとコミュニティーバスが横に停まり、すっと窓が開き、

「なんども道を譲って頂き、ありがとうございました ニコッ(*'▽'))」

女神降臨か!?
運転手さんは本当に美人さんでした。


とっさに言われたので
「えっ、あ、い、いえ、すみません」
と訳わからない返事をしてしまいました。
今日の運行が終わったのでフェリーで本土に帰るのかな?

勇気を振り絞って、
「仕事終わりですか?一緒に夕飯でもいかが?」

などと言えることもなく、フェリーの乗船が始まります。

行きと同じく、バイクから乗船させるので、車の列の前に誘導されました。
車と車の間隔が狭く、前に出るのにひと苦労です。
待機場の車列に関係なくバイクは最初から前に居るの良いようです。

DSC04233
帰りも座席がいっぱい。
またまた外で海を眺めます。

やはり2時間も満たない滞在時間は物足りませんでした。
今回行った所以外にも見どころがあるので、
次回は1日ゆっくりできるようなスケジュールにしよう。

また来るよー大島。

※バイクで行かれる方は、道が狭いところもありますし、
 道路の浮き砂が多かったので運転注意!安全運転で!

image



MT09 神宿る島を見てみたい その2

MT09 神宿る島を見てみたい その2

良ければポチっと押してください!
ブログを書く気力が湧きます(^_-)-☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


つづき....。

13:50の市営フェリーに乗れるように余裕持って乗り場(神湊)に着きました。
自動券売機とおばさんがいる窓口がある。
窓口には車両はこちら...と書いてあるので、
仕事でフェリーをよく使ういつもの癖で車検証を渡しバイクの切符を買おうとしたら...。

基本的に予約が必要、との事。
マジ?
でも船長に連絡してもらって許可が下り乗ることができました。

で、おばさんから渡された乗船票に住所とか書いてお金を払いました。
待機場の枠にバイクを停めていたのですが、バイクから乗船させるので乗船口手前の端に誘導される。

で、乗船の際、
「これは車用の乗船票だからダメ!」と誘導員から言われ、走って切符売り場に戻る。

おばさんが車検証があるからこの用紙かと思ったって。
で窓口の横にある自動券売機で二輪750CC以上のヤツを買ってくれとの事。
おばさんの操作で切符を購入、出港まで時間がない!ダッシュ!

誘導員「これと人の乗船券が必要!」
再度、きっぷ売り場にダッシュ!
おばさん「あーそれも買わないとね!」

で、やっと乗れました(´・ω・`)。


やっぱりHPみると車は予約必要でバイクは手荷物扱いで予約不要とありました。どうやらおばさんは自分が車検証を渡したので車のような特殊なバイクと勘違いしたのでしょう。自分も自動券売機を確認しておけばよかったですね、おばさんゴメン(´・ω・`)。

フェリー代金
大人      560円
750CC以上   1,260円
(125cc以下 630円、750cc未満940円)
船は2種類あり、車・バイクを載せれるのは”おおしま”。もうひとつ”しおかぜ”は人のみ乗船なので注意です。


乗船が大変だったので他の人がスムーズに乗れるようにアドバイスです。

★その1 バイクは予約不要、車検証の準備不要で自動券売機で買えます。
     
BlogPaint


★その2  
 休日の場合、バイクを括り付ける場所に限りもあるし、定員を超えると時間前に出港するので早めに着いておくこと。(行きも帰りも人がいっぱい。世界遺産登録関連で島を訪れる人が増えたみたい)


DSC_0255
★その3 バイク・自転車・リヤカーから乗船させるので、待機場所の枠に関係なく、車より前方に出ておくこと。よくわからなければ乗船口付近隅の地元のリヤカー付近に待っているとよいです。
(車の後ろに並んでても結局、前に出すように指示される)



あと、ネットでフェリーの事を事前に調べていたのですが、バイクを固定する時、パニアケースが壁に接触しててもそのまま...など扱いが雑すぎと言う人もいましたが、自分の場合、ハンドルが壁に接触しそうだったのでキチンと毛布をかましてくれました。船員さんも対応が良かったです。



つづく...。









Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
人気ランキング
ギャラリー
  • 6月の社員ツー
  • 6月の社員ツー
  • 6月の社員ツー
  • 6月の社員ツー
  • 6月の社員ツー
楽天市場
MT09